何でもボックス01 ごあいさつ
コンセプト 商品一覧表 購入までの流れ 使用上の留意事項 ナカロッドについて


このページではナカロッドでのバンブーロッド製作手法について説明したいと考えております。もし「ここはどうやっているの?」とか「自分の使っているロッドのこういった所が使いにくいんだけど、ナカロッドでは何か工夫はしているの?」などの疑問・ご意見がありましたら是非お寄せください。
ナカロッド 何でもボックス  −− −−  ごあいさつ
−−  竹竿は生き続けます
−−  HPの紹介について
−−  写真館
−−  年頭のあいさつ
−−  竿人のつぶやき
−−  更新、遅いです!!
−−  ☆脈竿☆ あります!!
ごあいさつ



ご愛顧有難うございます。
いつもおせわになっている皆様、そして初めての方にも、
ごあいさつをさせてください。
おかげさまでナカロッドは平成21年7月1日にて専心10歳となりました 
更なる20歳に向け、まい進しております。

製品については、内から外への輝きを放ち
 『後世に響く世界に一本しかない竿』 として 
『愛着』 を持って頂けることをコンセプトにしております。

製作思想にあっては、しっかりしたテーパーを前提とした上で、
精度を詰めていくと皮一枚研ぐだけで『持ち重り感』や『ブレ』に作用します。

刃筋が通り、『脈絡』のある竿は手にしただけで
「ハッ」とする氣持ち良さがあり、神経がたちまち穂先に到達します。
『魂』が込められた(思い・楽しく・喜び・苦渋・・・)竿ほど何かを語りかけてきます。

全ては【バランス】で形を作る基本以上の技があって初めて応用があります。
竹の声に耳を傾け性格を理解し愛情を持ってその『命』を生かすことに集中します。
このような思いにより綺麗なループが描けて良く釣れる竿作りを目指しております。

また、工程に関しては、竿の本質を逸脱するような過度の装飾はひかえ、
シンプルで美しい外見からは想像もできないほどの工程を重ねています。
例を挙げればフェルール接続巻部にクラックが入りにくい構造にしたり、
竹竿にしかできないスパインをできるかぎり真直ぐ通すことにより
氣持良く、曲り癖が出にくくする等々の
『奇跡の所作』を愚直に行っております。


素材については、「淡竹(はちく)」と「中国竹」を使用しております。
今、日本の竹の良さに氣付かれる方がどんどん増えています。
身近な淡竹の可能性や夢は、まだまだ続き
今後も管理育成・性格研究・寒季新月における伐採乾燥に至るまで、
根本的なところから続けていく必要があり、
その研究の比較対照としても求められるアクションに応じて
中国竹の製作も続けていく所存です。

昨今、ビルダー皆様のレベルはどんどん向上してみえます、
そして無限の可能性があるバンブーロッドの時代はこれからだ!!
やっとこの時が来たとさえ感じています。
私も、遅れることなく皆様方の念願を成就していただくことを本分として、
即応とはいかないまでも製作内容など、できる限り柔軟な対応を
させていただきたいと考えております。

まだまだ修行一生精進ですが、今後とも どうぞよろしくお願い申し上げます。

NAKA BAMBOO ROD MAKER {NAKAROD} 中島広喜



Copyright(c)2001-2017 NAKA BAMBOO ROD MAKER All Right Reserved